【池袋/男体山】デカ串でいただくもつ焼き!串だけじゃなく刺しも美味しい高クオリティ人気居酒屋

未分類

「男体山」に行ってきた

以下、2023年12月28日時点での情報になります。

本日は、池袋で人気のもつ焼きの老舗に行ってきました。

最初にポイントだけまとめておきます。

・池袋駅東口から徒歩約3分!栃木県日光の山が由来?創業50年以上、もつ焼きの老舗
・通称”漬け”と呼ばれる男体山漬が美味!ハードな食感、ピリ辛の味わいで酒が進む♪
・串はどれも大きく食べごたえ◯、見たらわかる新鮮なもつ刺しも絶対に食べてほしい!

ということで、ここからは詳細なレポートをしていきます!

お店に到着

この日は2023年仕事納めの日。もちろん仕事を早く切り上げ、一人忘年会を実施!

1軒目、高田馬場「おとんば」に行き、その後池袋に移動して2軒目に「たちのみや喜平」、そして3軒目2023年のオーラスに選んだお店がこちら。

池袋駅からの行き方はこんな感じです。東口方面かつビックカメラ側辺りの出口から出ると3分くらいで着きます。

男体山といういかにも大衆的な雰囲気が漂う店名、読み方を調べてみましたが「なんたいさん」と呼ぶそうです。

確かなことは言えませんが、栃木県日光にある男体山という山が由来なのかなと。また、オープンは昭和45年とのことで創業50年以上の老舗でした。

50年以上池袋という激戦区で営業しているというだけで、いやが上にも期待値が高まります。

早速入っていきたいと思います。

店内

お店には19時過ぎに到着。実は一度18時前に来ましたが並びができていて断念、1軒挟みダメ元で伺ってみるとタイミング良く待ちなしで入れました。

それでもなんとか入れた感じでカウンターの端っこに通してもらいました。

すべて座り席で、1Fはカウンターのみで10席程度、2Fはテーブル席と座敷席で36席、計50席程あるので結構席数はありますね。

1Fしか見ていませんが、入ってくる人を見ていても年齢層は高めかなと。それにしてもひっきりなしに人が来て並んでいきます。これは確実に行きたいなら予約が無難ですね。

常連さんも多いようですが、店員さんとの距離感がズブズブ過ぎず程良い距離感。一見の立場からするとこういう雰囲気って安心できて居心地良いんですよね。

ということでメニューを見ていきましょう。

メニュー

まずはドリンクメニュー

最安はチューハイ系、ハイボールで税抜360円。ホッピーセットは焼酎のサイズが様々あるので、グループで来た人はこれを頼むと結構おトクかもしれません。

フードメニューはこちら

メインはもつ焼きで1本税抜130円で手頃な価格。見る限り串も大きそうなのでコスパも良さそう。またもつ焼きは最初の注文お一人様3本からなので注意しましょう。

他のおつまみは決して種類は多くありませんが、どれも安くて美味しそう。特にもつ刺しはかなり魅力的な写真でかなり惹かれてしまいます。

それでは注文していきましょう。

注文

ビール大瓶(赤星) 649円

2023年飲み納めということでビールをチョイス。大瓶で税込650円なので結構おトクだと思いますね。本日3軒目にして初のビール。至福のひとときです。

男体山漬 418円

見た目はほとんどがニンジン。ニンジンはかなりハードな硬さ、ニンジンの他、ねぎとイカが少し入っていて味は結構辛め、ラー油が入っているかも。

常連さんは”漬け”と呼んでいるようで、頼んでいる人は結構多い。今まで食べたことがなかった味わいで初体験に近い感覚でしたが、美味しかったです。

量も結構ありますし、他の料理が届くまでのつまみとして最適かなと思います。

もつ焼き(カシラ、ガツ、スジ) 429円

写真通りのデカ串。あまり見たことのない細長い形状が特徴的でした。味はおすすめにしましたがすべて塩で到着。

特に印象的だったのは写真手前の「スジ」、数量限定で超ハードな食感ということでしたがこれは確かに硬い。早めに食べないとさらに硬くなって絶対に食べられなくなりそう笑

カシラ、ガツは安定の美味しさ。この大きさ、このクオリティで税抜130円はおトクです。

タン刺し 495円

見てください、この新鮮な肉の色合い。思わず寄りでも写真を撮ってしまいました。

量も10切れ程入っていてボリューム十分、薬味はにんにく、生姜、にんにくと生姜のミックスが選べる。せっかくなのでミックスをチョイス。

卓上にごま油があるので薬味を混ぜていただきますが、個人的にはごま油+にんにく+(これも卓上にある)塩の組合せが最高でした。

いや、醤油+生姜の組合せも良かったな…って何でも美味しいんやないかい笑

これが500円以下で食べられるのはすごい。絶対に頼んでほしい逸品でした。

本日はこの辺りでお会計にしました。

会計

ビール大瓶(赤星) 649円
男体山漬 418円
もつ焼き(カシラ、ガツ、スジ) 429円
タン刺し 495円
合計 1,991円(税込)
※ お通し・チャージ料はありません。

年の飲み納めに相応しい素晴らしいお店でした。これは人気なのも納得です。

まとめ

今回は池袋にある「男体山」に行ってきました。

昭和45年開店、創業50年以上の老舗でしたが、常にお客さんが絶えない人気のお店でした。

メインのもつ焼きはデカ串で食べごたえ抜群、”漬け”と呼ばれる人気の男体山漬も初体験の味わいでしたが美味しくいただきました。

そして一番のオススメは新鮮なもつ刺し!タン刺しを食べましたがこれが美味しかった。ごま油、醤油や薬味等使って味変しながら食べられるのも良いポイントでした。

次回来た際はまた別のもつ刺しにトライしてみようと思います。串ももっといろいろ食べたいな…

2023年最後のごちそうさまでした!

お店情報(Googleマップ調べ)

【住所】
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目41−14

【営業時間】
16:00~21:30
(定休日:日曜日)

【Googleマップ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました