【番外編】【札幌/サッポロビール博物館】無料工場見学と3種1,000円の飲み比べセットで北海道気分を満喫♪

未分類

「サッポロビール博物館」に行ってきた

以下、2023年10月9日時点での情報になります。

今回は番外編!ということで、北海道は札幌に行ってきました。

札幌に来たらまずはここでしょう!ということで、サッポロビール博物館に行ってきました。

最初にポイントだけまとめておきます。

・札幌駅からバスで10分ちょい!博物館見学、有料試飲が楽しめる素敵なスポット
・見ごたえ抜群の博物館見学!インパクト抜群の煮沸釜やサッポロビールの歴史を学べる
・有料試飲は「3種飲み比べセット」一択!ここでしか飲めないレアな銘柄も楽しめます♪

ということで、ここからは詳細なレポートをしていきます!

博物館に到着

札幌駅に到着後、夜のはしご酒にはまだ時間がある!ということで、工場見学と有料試飲が楽しめるこちらの場所にやってきました。

サッポロビール博物館、外観から荘厳な美しさを感じます。札幌駅からの行き方はこんな感じです。バスで10分ちょいでした。詳細はホームページを見ていただいたほうが良いと思います。

早くもビールを飲みたい衝動に駆られますが、より美味しくビールをいただくためにもまずは博物館の見学を楽しんで参りたいと思います。

いざ博物館見学へ

15:00頃に到着し、私は自由見学で回りました。

テイスティング付きの「プレミアムツアー」もあるみたいですが、人気で既に埋まってしまっていました。

自由見学の受付は17:30までですが、有料試飲は16時ラストオーダーなので試飲もしたい場合は注意が必要です。

ということで、見学中に撮った写真を少しだけご紹介します。

まずは見学が始まってすぐに目に入ってくるこちらの煮沸釜。2階から階段を降りながらじっくり見学します。

明治時代の札幌ビール。趣深いです。

明治時代のビール1本の値段。大瓶で1本なんと16銭!ただ日本酒1升4銭5厘程度とのことで、ビールは高級品ということがわかります。

サッポロビールの歴史も学びます。

サッポロビールと言ったらこの言葉を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

「男は黙ってサッポロビール」

就活の面接で何を聞かれても一言も発しなかった学生が、最後にこの言葉だけを話し内定をもらえたという都市伝説がありましたね笑

そんなこんなで見学も終了、私はじっくり回ったので30分弱くらいの所要時間でした。

さぁ気分も十分に高まったところでビールを飲むぞ!

有料試飲

有料試飲エリアは、博物館見学からの流れで行ける導線になっています。

こちらの階段を降りると、有料試飲エリアに到着です。

基本は4人、6人で座れるテーブル席で50名くらいは入るのではないでしょうか。主にお一人様用の立ち席もあってこちらも10人くらいのスペースがありました。

3連休の最終日、夕方近くということもあり、待ちなく入れました。

メニューはこんな感じでシンプル。

3種飲み比べセットを頼んでいる方がほとんどでした。サイズも240mlと中サイズの半分程の量なので、全然いけちゃうと思います。

飲めない方、ドライバーの方向けにソフトドリンクやノンアルコールビールもあります。

私はもちろん3種飲み比べセット、そして少し口寂しいかなと思いチーズを注文。ちなみに支払いは券売機で行い注文カウンターに手渡しするスタイルです。

見事なカウンタードラフトで、綺麗な泡とともに注いでくれます。当たり前だが高いクオリティ。

そして注ぎ終わったビールがこちら

種類は左から黒ラベル、サッポロクラシック、開拓使麦酒となっています。

開拓使麦酒→サッポロクラシック→黒ラベルの順番で紹介します。

開拓使麦酒

初めて飲みました。創業当時の味を再現したビールとのこと。

説明通り確かに重厚感は感じる…が、うまみはあまり感じないかなと。飲みやすさもあまり感じず。。

今の商品で言うと、キリンクラッシクラガーに近い味わいかなと感じました。年配の方には好まれる一杯かもしれません。

サッポロ クラシック

北海道に来たらこれを飲まなきゃね!という一杯。程よい苦味がありしっかりした味わいながら飲みやすい。

ただ飲み比べて初めてわかったが、黒ラベルと比べると若干のパンチの弱さを感じるかも。飲みやすさという意味ではこの中では一番に感じました。

サッポロ生ビール 黒ラベル

飲み慣れている王道の黒ラベル。元々好きな銘柄ではあるが、やはりバランスが良い。

3種類の中でシンプルに一番味が美味しかった!改めて黒ラベルの美味しさを再認識しました。

そして100円のチーズも美味しくいただきました。

素晴らしい品質のビールをじっくり味わうことができました。

名残惜しいですがこの辺りで博物館をあとにします。

会計

博物館見学 無料
3種飲み比べセット 1,000円
(黒ラベル、サッポロクラシック、開拓使麦酒)
北海道プレミアムチーズ 100円
合計 1,100円(税込)
※ お通し・チャージ料はありません。

無料で博物館が見学できて、最高の品質のビールが3杯いただけてこの値段。最高です。

まとめ

今回は番外編!ということで「サッポロビール博物館」に行ってきました。

荘厳な美しさの外観、充実した見学エリア、そして〆はクオリティの高いビールの3種飲み比べ。

ビール好きなら北海道に来たらマストで行くべき場所だなと思いました。

札幌駅からもバスで10分程度とアクセス抜群、かつリーズナブルに楽しめて勉強にもなる。最高の観光地ではないでしょうか。

ここで飲んで勢いをつけて夜はすすきのの街ではしご酒…鉄板のゴールデンルートが完成しました笑

ごちそうさまでした!

お店情報

【住所】
〒065-8633 北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1

【営業時間】
11:00~18:00(最終入館17:30/有料試飲ラストオーダー16:00)
(定休日:月曜日)

【ホームページ】

サッポロビール博物館 | 工場見学・ミュージアム | サッポロビール
「★乾杯をもっとおいしく。」サッポロビールのサッポロビール博物館です。黒ラベルやヱビスをはじめとした商品情報のほか、レシピやサッポロのお酒が飲めるお店情報、工場見学など、乾杯をもっとおいしくする情報をお届けします。

【Googleマップ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました